フランスをテーブルに


2014/07/04 :: トマトの和風マリネとフルール・ド・セル

トマトの季節がやってきました!
和風だしを使った簡単な「トマトの和風マリネ」を紹介します。

材料

ミニトマト     30粒程度
水         500ml
カツオだしの素   小さじ1
鶏ガラスープの素  小さじ1
フルール・ド・セル 小さじ4分の1
こしょう      少々

1. マリネ液を準備する。

水を小鍋で沸騰させ、カツオだしの素、鶏ガラスープ、フルール・ド・セル、こしょうを入れ、全体をよくまぜ、調味料を溶かす。

2. ミニトマトの湯むきをする。

ミニトマトのへたを取りのぞいたら、包丁で軽く十字に切り込みを入れ(写真)、沸騰したお湯にいれ、5〜10秒でざるにあげて冷水に浸ける。(10秒以上は熱湯に浸けないこと)冷水に浸けると簡単に薄皮が剥けます。

3. よく冷やす

湯剥きしたトマトを1.のマリネ液に漬け(タッパーなどで)、半日以上(理想は一晩)冷蔵庫でよく冷やして出来上がり。



トマトの切り込みは、軽く、浅くです。

出来立てよりも、よく冷やした方がトマトに味が染みておいしいです。
そして、ポイントはベースのマリネ液には美味しい塩を使うことでダシのうまみが引き立ちます。
そのまま小さなグラスに盛りつけ、しそやディル、バジルなどのお好みのフレッシューハーブを添えて、スプーンでお召し上がりください。
または、お豆腐と一緒にトマト、マリネ液と一緒にグラス盛りつけ、香り高いオリーブオイル(大さじ2分の1程度)とフルール・ド・セル(少々)で仕上げて、いつもの冷や奴にバリエーションを!