フランスをテーブルに

 

「ラス・エル・ハヌート」を使ったクスクスのレシピ

 


 

「お店の看板スパイス」という名の通り、作り手によって調合が異なるために、まったく同じ風味のラス・エル・ハヌートはありません。味わいが違えば、使い方も変わってきます。

こちらで紹介するレシピは、JMギルボーさんが調合した本商品「ラス・エル・ハヌート」のために作ったものです。ぜひお試しください!

 

 
 
 
 
【材料(4人分)】
・オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・・・大さじ3
・玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
・ニンニク・・・・・・・・・・・・・・・・・・2かけ
 
・トマト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個(大きめのサイズ、約400g)
・パクチー・・・・・・・・・・・・・・・・・・40g(5〜6株)
・パセリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20g(2本)
・ラス・エル・ハヌート・・・・・・・・・・・・小さじ4
・パプリカパウダー・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
・白ワイン(辛口)・・・・・・・・・・・・・・200ml
・水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400ml
・コンソメの素・・・・・・・・・・・・・・・・1袋または1個(*注0)
・塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1と2分の1
・こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
 
・鶏手羽元・・・・・・・・・・・・・・・・・・8〜10本
・ソーセージ・・・・・・・・・・・・・・・・・4本
・にんじん・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
・ズッキーニ・・・・・・・・・・・・・・・・・2本
・かぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3個
・マッシュールーム・・・・・・・・・・・・・・1パック(約6個)
・さやいんげん・・・・・・・・・・・・・・・・10〜12本
 
・クスクス・・・・・・・・・・・・・・・・・・320g(1人分80g)
・オリーブオイル ・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
・熱湯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・400ml(1人分100ml)
 
 
注 : 顆粒タイプの場合は1袋(4,5g)、固形タイプの場合は1個
 

  1. 野菜の下準備をする。
    • 玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
    • トマトはへたの反対側に包丁で軽く十字に切り込みを入れ、沸騰したお湯に5〜10秒つけ、すぐに冷水に移し湯剥きする。湯剥きしたトマトはへたを取り除き、1cmの角切りにする。
    • パクチーとパセリはみじん切りにする。
    • 人参は皮をむき、大きめの乱切りにする。
    • ズッキーニは2cm幅の輪切りにする。
    • かぶは皮を剥き、縦4等分に切る(小さめのかぶは2等分)。
    • マッシュルームは大きい場合は縦2等分にする。小さい場合はそのままでOK。
    • さやいんげんはへたの部分を切っておく。
  2. 鍋にオリーブオイルとにんにくをいれ、強火にかけてにんにくが「ぱちぱち」音を立てるまで熱する。そこに玉ねぎを加え中火で5分程度炒める。
  3. 鶏肉を加え玉ねぎと一緒に炒める。鶏肉が白っぽく色が変わるまで炒めます(中火のまま)。
  4. ラス・エル・ハヌートとパプリカパウダーを加え、全体をかき混ぜる。
  5. 白ワインを加えて、強火で沸騰させる。沸騰したらトマトとパクチー、パセリを加えて全体をかき混ぜる。
  6. 水とコンソメ、塩、こしょうを加え、強火で沸騰させる。
  7. 人参、ズッキーニ、かぶ、マッシュルームを加え、一度沸騰させ、沸騰したら蓋をして弱火で最低40分は煮込む。
  8. 火を消す10分前にさやいんげんを加える。
  9. クスクスの準備をする。
    • 大きめのボールにクスクスとオリーブオイルを入れよく混ぜ合わせる。沸騰したお湯を注ぎ、蓋、もしくはラップをして10分待つ。10分経ったらスプーンなのでよくほぐす。
  10. お皿に9.のクスクスと煮込んだ鶏肉や野菜を盛りつけ、スープをしっかりかけて、出来上がり。

 

 
備考 : 

  • 用意する鍋は、3リットル以上のサイズのものをお使いください。
  • 全ての材料を半分にして、2人分の分量も作れます。
  • クスクス(粒)のふやかし加減がかたい場合は、少量の水を加えて電子レンジで温め直してください。
  • 「ハリサ」という唐辛子のペーストがよく合います。辛いの強いペーストですので、お好みの量を少しずつ野菜やお肉に添えて、お召し上がりください。
  • クスクスは煮込み料理なので、一晩置くと野菜に味がしみ込み、より一層美味しく頂けます。
  • 材料にパクチーが入っていますが、この料理はパクチーが苦手な方でもお召し上がり頂けます。
  • 具材の野菜はお好みで変えていただいても美味しく作れます。パプリカやピーマンなどもおすすめです。